カテゴリ:ひきこもり・人見知り

スーツケースの荷造りは、ほぼ完了した。しかし、まだやるべきことはいくつか残っている。その中のひとつが、とれかけているスーツのボタンを縫い付けることだ。・・・いや、とれかけているという表現は正確ではない。「ボタンが生えてきた」というべきか。みしり@motohikky0 ...

地元を去るまで、あと1週間ちょっとしかない。いよいよだ。そう思うと、ジンワリと汗がにじみ出てくるし、スーツケースの荷造りをする手が震える。人生初だらけ人生初であるものが、破竹の勢いでなだれ込んでくる。就職、人間関係、新幹線、飛行機、海外、集団生活、英語、接 ...

僕は約3年間ほど、ひきこもり活動に従事していた。その中で僕は、格差社会や教育格差という社会問題の当事者であることに気づいた。そして、その経験を通して感じた、とても大切なことがある。ひきこもり1年目にネットに出会って、「気づく」そもそも、どういう流れでひきこ ...

ひきこもっている頃のぼくは、自分の不遇について社会や他人を恨んでいた。いまのぼくは、彼にどういう言葉を投げかけられるのだろうか。考えてみた。いわゆる教育格差教育格差。経済的に裕福な家庭に生まれ育った子は、学力が高くなり、いい大学へ進学する。反対に、貧困な ...

先日、ひとつの大きな別れを経験した。ひきこもり時代からお世話になっていたカウンセラーとの別れだ。ずっと通っていたカウンセリング 脱ひきして、フリーターになり、大学生になり卒業しても、カウンセリングには通い続けていた。実に6年の歳月。といっても、同じ間隔で通 ...

寒い日つづきますなぁ。こう雪がチラホラ降る夜には、物思いにふけるのが楽しい。ふと思い出して、ひきこもり時代に書いていた手記を取り出す。今でもたまに読み返すんだよなぁ。そして、「よくここまで持ち直したよなぁ」と思うこともあれば、あるいは「完全には抜け出せて ...

↑このページのトップヘ