絶対上々!!ブログ

創造のためには素直な心を。素直な心のためには、自分への自信を。自分への自信のためには、行動を。行動のためには・・・行動を!

カテゴリ:ひきこもり

僕は約3年間ほど、ひきこもり活動に従事していた。その中で僕は、格差社会や教育格差という社会問題の当事者であることに気づいた。そして、その経験を通して感じた、とても大切なことがある。ひきこもり1年目にネットに出会って、「気づく」そもそも、どういう流れでひきこ ...

高校中退の中卒。ただの中卒以上に低い学歴。日本の教育制度上、最も低い学歴だ。この最低学歴でアルバイトを探していたときや、やっと採用してもらって働きだしたとき、それはそれはとても悔しい思いをした。中卒は電話の時点で断られる本気で大学進学に向けて行動を始めた ...

ひきこもっている頃のぼくは、自分の不遇について社会や他人を恨んでいた。いまのぼくは、彼にどういう言葉を投げかけられるのだろうか。考えてみた。いわゆる教育格差教育格差。経済的に裕福な家庭に生まれ育った子は、学力が高くなり、いい大学へ進学する。反対に、貧困な ...

先日、ひとつの大きな別れを経験した。ひきこもり時代からお世話になっていたカウンセラーとの別れだ。ずっと通っていたカウンセリング 脱ひきして、フリーターになり、大学生になり卒業しても、カウンセリングには通い続けていた。実に6年の歳月。といっても、同じ間隔で通 ...

寒い日つづきますなぁ。こう雪がチラホラ降る夜には、物思いにふけるのが楽しい。ふと思い出して、ひきこもり時代に書いていた手記を取り出す。今でもたまに読み返すんだよなぁ。そして、「よくここまで持ち直したよなぁ」と思うこともあれば、あるいは「完全には抜け出せて ...

パソコンを起動させると、ぼくはブラウザを開いた。ブックマークバーに目をやる。左からブログ、就活、動画、京都・・・と名付けられたフォルダが並ぶ。ぼくはマウスポインタを就活のフォルダに合わせて削除した。ぼくの就活、終了 現役から遅れること4年の就職活動。新卒と ...

どうも、タカシです。暇だったので、自分の恥部をリライトした。僕がひきこもりを脱出してから、すでに5年近くは経つ。しかし、未だに人と接することに大きな壁を感じることがある。例えば、「バイクが壊れたので、バイク屋さんに修理をしてもらって、ちょっと雑談して帰った ...

↑このページのトップヘ